【報告】 「もうひとつの資金調達の方法 クラウドファンディングってなに?」終了しました。


今日はクラウドファンディングの説明会「もうひとつの資金調達の方法 クラウドファンディングってなに?」に参加してきました。

参加というか、運営側なのですが。

三重県では8月から、(株)日硝ハイウエーFAAVOが提携して、FAAVO三重というものが始まっています。

で、FAMIEの若林くんや日硝ハイウエーの杉本さんの配慮もあり、津市NPOサポートセンターとしてもこの事業に関わらせてもらっているわけです。

クラウドファンディングって何?ということはここで省かせてもらいますので、ググってもらえれば幸いです。

今回はFAAVO大阪よりゲスト講師として、川辺友之さんにクラウドファンディングについて、そしてFAAVO大阪の取り組みについてお話していただきました。

FAAVO大阪の成功率は約77%。
とても高い数字です。

さらに真田幸村スーツに関しては、達成率491%という驚異の数字を叩き出していました。
いやぁ、面白い。
そして川辺さんのお話をお伺いして、クラウドファンディングの可能性を非常にピシピシと感じることができました。

失敗談なども交えてわかりやすくお話していただけました。

印象に残ったのはやはり「仲間(チーム)」をつくるということですね。


その後、READYFOR?というクラウドファンディングサイトで成功した書家の伊藤潤一君のお話、そしてFAAVO三重で先日成功したばかりの手作り工房ワーイワイ井谷三枝子さんのお話がありました。

どちらのお話も成功体験ではありますが、とても苦労された(時には非難された)話を聞き、当たり前ですが寄付をいただくというのは一筋縄ではいかないなぁと再確認しました。

そして、私の出番です。

何を話したか。

そう。それは、失敗談です!

こうやると失敗するよというのをきっちり話をさせていただきました。
いやぁ、良い整理になりました。

ゲストの皆様、ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様。
本当にありがとうございました。


地域を変革する1つの可能性(手段)として、今回はクラウドファンディングについて勉強する機会となりました。


これから月に1回でも、クラウドファンディングの勉強会をしていきたいですねという話になり、三重はますます面白くなるなぁと感じる2時間でした。



コメント

このブログの人気の投稿

パソコンに頼らない、カラーに負けない、チラシづくりのコツ教えます「一色で勝負」

出張SANTAS(サンタス)、今日ヒットしていたな~というボードゲーム。9/3「イオン津ショッピングセンター」親子対象編

オリジナルボードゲーム(カードゲーム)を作ってみました。カードを回して最高の情報屋を目指せ!「インフォ&パス」